予約管理から分析業務まで何役もこなす

旅館

近年の人手不足により、業務の効率化を急ピッチで進めている業界も多くあります。観光業界の中でも特に、旅館等の宿泊施設にその傾向は顕著に見られ、様々なシステムやツール等の活用でこうした流れに乗り遅れないようにしています。その業務効率化の一環として取り入れている所が多いツールに、旅館システムがあります。旅館の業務をサポートしてくれるこのシステムの導入により、業務効率化と増収を同時に実現した所も見られています。旅館システムの主な機能は、予約状況の管理や客室・フロント業務の管理等です。このシステム一つで、自社サイトと外部サイトからの予約状況を反映させたり、客室に備え付けられたセンサー等を使い、客がチェックアウト済みかどうか等あらゆる管理が可能になります。さらに最近では、どんな方法で予約されているのか、曜日ごとにどんな層の客が多いのか等といった、経営に必要なデータ集計や管理業務も可能になりました。

次々と導入が進んでいる訳

食事する家族

今、あらゆる宿泊施設で旅館システムが導入されているのは、人手不足をカバーするという理由だけではありません。最も多い導入理由の一つとして、今以上のサービス向上を目指してという理由があります。一般的なタイプと違い、旅館ならではの業務をサポートする内容も沢山あります。例えば、客室に布団を敷くタイミングをより正確に判断出来るような機能が付いたものです。布団を引くタイミングとして望ましいのは、客がお風呂や食事等に行った直後等です。旅館システムには、客が長時間出るタイミングを判別し、そのタイミングでスタッフに連絡をするというものがあります。サービス向上という面で見れば、旅館システムのデータ集計・分析機能も大きく活用出来ます。この曜日には外国人観光客が多い傾向にあるので、外国語接客スタッフを多く配置する等、客が快適に過ごせるようなスタッフ配置の参考に活用している所も多いです。さらに、以前より導入が簡単になったという事も、多くの宿泊施設で導入が進んでいる要因と言えます。クラウドタイプのシステムの増加により、設備を導入する手間が省けて、全てネット上でサービス利用が可能になったという要因も関係しています。その他、旅館システム導入の際に補助金が利用出来る可能性があるという点も、導入の後押しになっているでしょう。IT導入補助金等の制度を利用出来るという事で、これを機に導入に踏み切るという決断をする経営者も多くいるようです。

広告募集中